トップページ » ニュース » 2010年12月

NEWS 2010年12月10日

「中小企業金融円滑法」を利用した リスケジュール支援 (中小企業経営支援プロジェクト)

  • 売上げ低迷により、事業の継続が危うくなってきている
  • 資金繰りが苦しく、自己破産を考え始めている
  • 借入返済が滞っている (不採算店舗/不採算事業/投資の失敗などにより)

「金融円滑法」とは、中小企業への融資について、返済条件変更の申請に可能な限り応じるように、金融機関に努力を求めているというものです。 期限は平成23年3月31日までですが、期限延期される可能性があります。

豊富な業界知識、M&Aの経験を活かして、売上、売上原価、経費、キャッシュ・フローの各項目を詳細に分析致します。資金繰りの改善策について、事業再編も含めて具体的に提案し、事業再生や借入返済のリスケジュール案を提示します。 (ケースによっては対応出来ない場合もあります)。

  • 事業再生のプランニング
  • 借入返済リスケジュールのプランニング
  • 現状分析と事業計画策定
  • スポンサー企業の選定支援
  • 手続きに必要な各種書類の作成支援